こんばんは。

今日はこれからお出かけの予定です。

鎌倉に蛍を見に行ってきます♪


ドラテク講座の中でも少し触れましたが、

筋トレをする頻度について。

週何回やれば、一番効率よく鍛えられるでしょうか?

私が知る限りでは、週三回がベストです。


そもそも、筋トレとはどういうことなのか、

考えてみたいと思います。


筋トレをする目的ですが、

それは筋肉量を増やし、発生する力を大きくすることです。

筋肉の断面1cm2あたりで発生する力は、ほぼ一定のようでして、

発生する力を大きくさせるには、筋肉量を増やす事が必要になります。


では何故、筋トレをすると筋肉量が増えるのでしょうか?


筋トレをして、ある筋肉に負荷をかけると、

その負荷で筋繊維が破壊されます。

(破戒という言葉が正しいのかはわかりませんが。)

一旦傷ついた筋繊維は、体の仕組みとして正常に戻そうとします。

切り傷は、時間が経てばカサブタになり、元に戻りますよね!?

それと同じです。


また、その時の回復の仕方ですが、

深い傷を負ったら、治ったときに凸に跡が残るように、

同じ負荷を負っても大丈夫になる為に過剰再生します。

筋肉も同じように、一度壊れると過剰再生するのです。


その為、筋トレして筋肉に負荷をかけると、

時間が経てば筋肉量が増えてきます。

ただ、筋肉が再生中に、再度負荷をかけたらどうなるでしょうか?

想像していただけると思いますが、

壊れた筋繊維に追い討ちをかけるのですから、

更に筋繊維が壊れる事がわかります。

まともに再生されない=肉離れ等怪我を負う事になるのです。


では、過剰再生に必要な時間とは、どのくらいでしょうか?


通常の筋トレの負荷でしたら、48〜72時間と言われています。

つまり、2〜3日なのです。


筋トレして、この再生時間をしっかりとると、

週三回という数字が算出されてきます。


「毎日トレーニングしている人もいるじゃん??」と思われるでしょうが、

そういう方は、毎日トレーニングメニューを変えていると思います。

昨日は腕を鍛えたから、今日は足を鍛えるとか、

負荷を与えている筋肉を変えているのでしょう。


筋トレをするときには、気をつけてみてくださいね♪


以上、

「人間の体の神秘♪ 」の巻でした。

自分の体でも、不思議な機能があるものですよね♪

まだまだ知らない事もいっぱいありそうですがね。

ではまた。